あゝ荒野 動画 今野杏南が無料で!予告/本編はu-next/auビデオパス

あゝ荒野 動画 今野杏南が無料で!予告/本編はu-next/auビデオパス

 

 

あゝ荒野ですが、菅田将暉さんも魅力ですが、今野杏南さんの体当たりの

 

シーンが話題を呼んで、今後、ブレイク必至の女優さんですね

 

本記事では、主役の菅田将暉さんや公式予告動画などを見て

 

あゝ荒野の無料視聴動画が楽しめるVOD(見逃し配信オンデマンドサービス)

や動画を楽しむうえでのポイントをチェックしていきたいと思います。

 

 

あゝ荒野 動画 フル無料できるVOD

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」

 

U-NEXTの魅力ですが、高画質でダウンロード(dl)再生で
tver(ティーバー・ディーバー)などの弱点である、通信費コストを

低減できます

 

高画質streaminがキャリアフリーでできますし

キャリア決済も可能で、クレジットカードがいりません

国内最大の新ぞろえ

 

一カ月間の無料お試しキャンペーンしている

 

特に別売で月額雑誌も発売しています

 

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットだけでなく
HDMIケーブル一つで接続も可能ですね

 

さらには、NHKオンデマンドの放映中最新ドラマやバラエティ、スポーツなど配信している

 

など沢山あります

 

 

U-NEXT公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーン公式サイトはこちら

 

 

 

 

「auビデオパス」

 

auビデオパスですが、auユーザーだけでなく、

 

ドコモやソフトバンクまで楽しむことができます。

 

月額料金がワンコインと業界最安値です。

 

さらに映画館割引やポップコーン割引、

 

そして、auユーザーならでの特徴も受けれます。

 

一カ月間の無料お試しキャンペーンしており、最新も見れますし、

 

さらには、最新話も見放題の作品が多いです。

 

放送後すぐに楽しめるのも強みで見忘れなどで、録画を

 

忘れたとき急に見えるも魅力です。

 

一カ月間の無料お試しキャンペーン中は、料金が発生しないのと

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットなどでダウンロード(dl)再生

 

ができるため、通信費が、かからないシステムも魅力です。

ドコモやソフトバンクまで楽しむことができます。

 

月額料金がワンコインと業界最安値です。

 

さらに映画館割引やポップコーン割引、

 

そして、auユーザーならでの特徴も受けれます。

 

一カ月間の無料お試しキャンペーンしており、最新も見れますし、

 

さらには、最新話も見放題の作品が多いです。

 

放送後すぐに楽しめるのも強みで見忘れなどで、録画を

 

忘れたとき急に見えるも魅力です。

 

一カ月間の無料お試しキャンペーン中は、料金が発生しないのと

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットなどでダウンロード(dl)再生

 

ができるため、通信費が、かからないシステムも魅力です。

 

 

auビデオパス公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 


 

 

あゝ荒野 動画 フル予告動画公式

 

予告

 

 

特別映像予告

 

 

 

 

 

あゝ荒野 動画 今野杏南さんとは

 

最近ではイメージDVD&ブルーレイ『あんなちゃんぷる』が発売されています。

南国で大胆かつ刺激的な内容になっています。

またぽってりとした唇もたまりません。

個人的には石原さとみさんに似ている気がします。

バラエティーやCMへの出演も果たしています。

さらに官能恋愛小説家としてもデビューしています。

また、映画へも出演しています。タイトルは『あゝ荒野』です。

この作品の中で今野さんは『濡れ場』に挑戦しています。

まだ見てはいませんが、結構激しい仕上がりになっているようです。

撮影終了後には篠山紀信さん撮影による写真集の発売も決定しています。
 

あゝ荒野キャスト

 

 

 

沢村新次/新宿新次(菅田将暉さん)

 

二木健二/バリカン健二(ヤン・イクチュンさん)

 

曽根芳子(木下あかりさん)

 

二木建夫(モロ師岡さん)

 

宮田太一(高橋和也さん)

 

君塚京子(木村多江さん)

 

馬場(でんでん)

 

堀口/片目(ユースケ・サンタマリアさん)

 

山本祐二(山田裕貴さん)

 

西口恵子(今野杏南さん)

 

あゝ荒野のあらすじ

2021年の新宿で、少年院上がりで母親に捨てられた沢村新次(菅田将暉)は、

 

吃音で対人赤面症の二木健二(ヤン・イクチュン)と出会います。

 

二人はひょんな事から出会ったボクシングジムのトレーナー、

 

堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われボクシングを始めます。

 

新次は自分を捨てた母親を見返し、彼女の木下あかり(曽根芳子)のことを守るために、

 

健二は吃音や対人赤面症からくるコンプレックスや弱い自分を変えようとして、

 

ボクシングのトレーニングに励みます。

トレーニングをしながらお互いの境遇を知り友情を深めた新次と健二でしたが、

 

新次と戦うためにジムを離れた健二とリングの上で戦うことになります。

 

 

 

あゝ荒野の評価

 
一番評価したい点は、この映画はまさに現代社会を反映した映画なんだと思いました。

この映画を見たら、きっと大人になって忘れてしまった熱いなにかを

思い出させてくれそうな雰囲気です。

今、絶好調の菅田将暉と私は名前を初めて聞きましたが実力者の
ヤン・イクチュンのダブル主演。

都会のネオンに埋もれながらも若き二人の友情と孤独、
そして夢を目指して突っ走る熱き想い。

私には完全に忘れてしまった感情です。

夢に向かって頑張る思い、なにか夢中になれることへの大切さをきっと
教えてくれるんじゃないかと思いました。

男同士の友情は女と違ってホントに固く結ばれた関係で羨ましさを覚えます。

ボクシングがテーマで男くさい映画なのかもしれませんが、

冷めた大人になってしまった今だからこそ私はとても興味を持つことが出来ました。

二人を取り巻く周りの人間関係も、中々複雑そうで色々な視点から楽しむことが
出来ると感じました。

主演の二人の他の出演者の方達もかなり個性的な方が多く、

特にユースケサンタマリアと木村多江は癖のある演技をしますが、

個人的にかなり好きな俳優の二人なのでとても期待が高まります。

この映画は、熱い思いを忘れた現代人に強いメッセージを伝えてくれる映画です
 

あゝ荒野のキャスト菅田将暉さん

 

 

あゝ荒野スタッフ

 

監督:岸善幸さん

 

脚本:港岳彦さん

 

撮影監督:夏美光造さん

 

音楽:岩代太郎さん

 

主題歌:BRAHMANさん

 

あゝ荒野キャスト菅田将暉さん魅力

 

ひと言で言って、演技派俳優だと思います。

色んな役を、本当に素直に表現されていると思います。

auの鬼ちゃんのようなコミカルな演技をしていたかと思うと、

ドラマや映画では、クールな演技を、本当にスマートに演じられているので、

本当に凄いと思います。

また、以前情熱大陸でやっていましたが、

自分で服を作る事を趣味としていて、とても器用に、自分のこだわりの服を作られているのを見て、

こういうある種ストイックな性格が、演技にも幅を持たせているのではないかと思います。

これからますます演技の幅が広がり、実力派俳優になっていかれると思われるので、

私も応援していきたいと思います。

何か独特の雰囲気というものを、実力派俳優は持っていますが、

菅田将暉さんも、独特の魅力的なオーラを持っていると思います。

演技というのは、ただ監督の言う通り演じれば良いというものではなく、

台本に書かれていることや、監督が求めている事に対して、

自分の思いや、自分の考えを反映させていかなければいけないものだと思います。

その自分の思いの反映が、あの若さで、しっかりと出来ておられる印象です。

つまりは、その役に対する自分のイメージが、

しっかりと出来ておられると思います。これからも応援していきます。

 

あゝ荒野魅力まとめ

 
「あゝ荒野」で最も注目しているのは、なんと言っても主演を張る菅田将暉と、

ヤン・イクチュンの共演です。菅田将暉は若手俳優の中でも演技派として、

頭一つ抜けた存在感があり、現在の日本映画において欠かせない俳優さんですが、

そんな彼がタッグを組むのが、あのヤン・イクチュンと知って興味が更に増しました。

ヤン・イクチュンといえば、やはり監督・主演を務めた韓国映画「息もできない」

の鮮烈な印象がいまだに残っています。

ふたりともどことなく野性的で粗野な雰囲気を持っており、
今回は原作が寺山修司ということもあって、一見すると昭和の古き良き時代を

切り取った作品なのかなと思ったのですが、

意外にも2020年の東京オリンピック後を描いているということで、

一体どんなテイストになるのか興味が湧きます。

また、映画の題材としてボクシングが出る作品にハズレなし、

と個人的に思っている私にとって「あゝ荒野」から伝わってくる
泥臭い雰囲気+ボクシングなら、面白くならないはずはないなと感じています。

観た後にきっとファイトが湧く作品だろうということは、
予想できています。

ちょっと元気がないな、最近たるんでいるなというタイミングで、

ぜひ出会ってみたい映画です!