この声をきみに動画 7話無料視聴/見逃し配信/再放送ビデオマーケット

この声をきみに動画 第7話無料視聴/見逃し配信/再放送ビデオマーケット

 

人の関係性もすぐ理解出来てすごく面白かったです。

 

コメディー要素もあって、偏屈な数学教師役の竹野内豊さんの演技がかわいくてキュンとしました。

 

でもかなり曲者で、絵本の朗読でブツブツ文句を言ってぶち壊していましたが、あんな人いたら普通なら出禁になりそうだなと思いました。

 

私も本を読むのが嫌いなので、孝がフランスは遠いという始まりの文を読んだだけで当たり前だろと言って本を閉じた孝の気持ちがよくわかりました。

 

この声をきみに動画7話の無料視聴・見逃し配信できるVOD

 

U-NEXTは31日間の無料お試しキャンペーンがあります。

無料お試しキャンペーンに登録されると600ポイントのプレゼントがあります。

このポイントで新作なども視聴できます。

『この声を君に』もこのポイントで視聴できます。

 

この声を君に動画7話はビデオマーケットでもみれます

この声を君にですが,国内では最大級です

ビデオマーケットも一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、この声を君には、

無料視聴/見逃し配信/再放送できます

 

 

この声を君に動画7話 あらすじ

 

 

ついに京子(麻生久美子)の隠された過去が明らかに!彼女を救うヒーローになるのは君しかいない!佐久良先生(柴田恭兵)のこの言葉が、孝(竹野内豊)を本気にさせる!.

番組内容

京子(麻生久美子)の過去を知った孝(竹野内豊)は、衝撃を受けた。そんな孝は佐久良先生(柴田恭兵)から、彼女を救うヒーローになるのは君しかいないと言われ、戸惑う。一方、教室では年一度の発表会を控え、題材選びで盛り上がっていた。そうした中、孝は邦夫(杉本哲太)に誘われ、ナゾの会合に潜入する。それは女子禁制の朗読会で、読まれるのはグルメ本ばかり。美味しそうな言葉の世界に浸り、孝は欲望にめざめていく。

出展公式NHK

キャスト

 

竹野内豊,麻生久美子,柴田恭兵,ミムラ,杉本哲太,片桐はいり,堀内敬子,大原櫻子,戸塚祥太,趣里,平泉成,松岡充,仁科亜季子

 

この声を君に動画7話までの感想

 

30代女性

 

今回のこの声を君にの面白い点は朗読作品とともに、心情表現がなされていることです。

 

キーとなる話、くじらぐもはもちろんのこと、発声練習では北原白秋のお馴染みの五十音が使われています。裸の王様を奈緒が読み聞かせるシーンも、孝のことを暗喩していてなかなか面白いです。

 

孝は人と接するのが苦手な割に、妙に積極的なところがありギャップとして楽しんでいます。

 

それが今後の孝を変えるものになるのかもしれません。

 

ふたりはともだちの朗読も興味深く、孤独で何かを待つときのいい知れないがまくんの悲しみが、孝の心とリンクしているように思えます。

 

京子と孝はケンカになってしまうことが多いですが、なぜか佐久良の前では物分かりの飯高氏に驚いてしまいます。

 

朗読を通して今回邦夫と仲良くなりましたが、作品を通して他の朗読グループメンバーとどのように関係性を築き上げていくのか、楽しみです。

 

人の心がわからないと言われた孝の心に人を理解するという要素、感情が生まれるのか、離婚は防げるのか、声優志望の美鈴は無事みんなの輪の中に入れるのか、いろいろ心配なことはありますが、朗読が人の心を満たし、つなげていくそんな話のこのドラマの今後の展開が楽しみです。

30代男性

 

穂波孝(竹野内豊)は、堅物の数学の大学准教授です。家庭をかえりみなかったことから、妻の奈緒(ミムラ)も子供達をつれて家を出ていきます。

 

学部長から勧められ、佐久良宗親(柴田恭兵)が主宰する朗読教室行きます。

 

そして、先生の京子(麻生久美子)や生徒達の朗読に引き込まれて行きます。

 

孝が福島と二人で童話を朗読をすると、皆から褒められ、京子からも童話の面白さを教えてもらいます。孝と奈緒との話し合いが、それぞれの弁護士立会いではじまります。

 

奈緒は、孝がまったく家庭のことをかえりみなかったと訴えます。

 

孝は、奈緒を信用して任していただけだと弁明しますが、物別れで終わります。孝(竹野内豊)は、奈緒と離婚をすることにします。

 

孝が学生達と飲みに行くと、店の前で、京子が、車に連れ込まれそうになり、逃げていくところを目撃し、追いかけますが、プライベートは、お互いに深く知らない方がよいといわれ、朗読は続けるようにいわれます。孝が朗読教室に行くと、京子先生は休みでしたが、佐久良(柴田恭兵)の朗読を聴いて、声には不思議な力があると感じます。

 

古本屋でたまたま会った京子は、逃げるように外に出て咳でうずくまってしまいます。

 

孝は京子を、家までおぶって送っていき、京子の願いで本を朗読していると、二人はお互いに見つめ合います。

 

孝と京子は、この夜は、本の読み合わせをしただけで、2人の間には何もないことを確認しあいます。

 

孝は施設に入っている父親の定男(平泉成)に会います。孝は、奈緒(ミムラ)と離婚したことを伝えると、定男から、つまらない人間になってしまったんだといわれ、喧嘩別れになります

 

。施設のボランティアで、”おじさんのかさ”を朗読することになります。

 

 

その施設は、定男が入っている施設です。朗読が終わり、孝は定男と一緒に暮らすことにします。

 

孝は、実は12年前に京子に会っているというと、京子は,この12年間を話しますといいます。孝は朗読を通じて、人間としての心を少しづつ持ってきているようです。

 

朗読を通じて、孝と父定男の確執をときほぐしました。朗読を通じて、孝と京子は、お互いが近づいてきました。

 

京子が12年間のことを話すことで、さらに近づくのでしょうか。離婚した奈緒とはこのままなのでしょうか。今なら奈緒の心が理解できるようになるのではと感じます。
この声をきみに動画7話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、pideo、bilibili、rutubu、ようつべ、kissacfun、デイリーモーション、ドラマ部屋、daily、dairy、pandraは削除されてます