さくらの親子丼 6話 動画11月11日が無料視聴見逃し配信公式fod

さくらの親子丼 6話 動画11月11日が無料視聴見逃し配信公式fod

 

 

 

 

大人の土ドラ、さくらの親子丼。ついに話も折り返し地点。

 

社会問題がテーマにもなっていて、毎回色々と考えさせられますし

結局ハッキリとした答えなんてないのかもしれないとも思えます。

 

それぞれが大きな傷を抱えて生きていて、悩んで苦しんで、もがいているんですよね。

 

さくらの愛情や優しさがあたたかく、けれど彼女の辛さもとても深い所で彼女を苦しめる物で。

 

だからこそ、人に優しくしてあげられるのかもしれませんが

幸せに笑っていてほしいと願ってしまいます。

 

さくらの親子丼の動画第6話無料視聴/見逃し配信/再放送FODプレミアム

 

FODプレミアムですが、フジテレビオンデマンド(FOD)の

 

月額見放題のサービスでフジテレビ公式サイトです。

 

特徴としましては、放映中最新ドラマや映画、

 

そして、電子書籍まで楽しむことができます。

 

基本的に月額見放題のため、追加金額が発生しません。

 

yahooIDアカウントさえあれば誰でも、一カ月間の無料お試しキャンペーンで

 

月額0円で試せて、途中で退会しても、料金は発生しません。

 

さらに、雑誌、週刊誌等、漫画など読み放題のシステムのため、

 

FODプレミアムの月額料金以上に雑誌を購入する方は、

 

お得なサービスです。

さくらの親子丼見放題FODプレミアム公式サイトは下記です

 

*yahooIDアカウント作成者のみ無料お試しキャンペーン対象です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

 

さくらの親子丼公式youtube予告

 

 

見どころ

 

あざみとさくらの関係がみどころになりそうです。

 

あざみが自分の母親がさくらの息子を殺したことを知ったというのが分かったさくら。

 

 

これまで寛大にあざみを受け止めてきたさくらだけど、どう接して良いか分からなくなってしまうという展開。

 

それを恭子が、らしくないと言うというのが胸が熱くなるシーンなのではないかと思います。

恭子は最初はあざみを受け入れる事はできませんでした。

 

さくらが息子に執着するのをやめようとしたことも大きかったのではないかと思います。

 

さくらとあざみ、二人がどう乗り越えるのか見守りたくなります。

 

 

放送時間

 

放送局名
2017年11月11日(曜日)

 

あらすじ

 

 

 

さくら(真矢ミキ)は、自身との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)に対し
どんな態度を取っていいのかわからず、意識的に避けるようになった。

そんな矢先、恭子(本仮屋ユイカ)が実家の九十九堂に戻ってきた。

あざみを居候させるさくらの真意を知り、またジャーナリストとしての好奇心からの行動だった。

急にあざみに対してよそよそしくなったさくらに対し、恭子は「母さんらしくない」と制した。一方あざみは、俊太(塚田僚一)の精肉店のアルバイトに欠員ができたと聞き、働くことにする。

ある日、“たまりば”に出入りしている剛志(柾木玲弥)がびしっとスーツでキメてやってきた。
しかしこの日は、さくらは剛志に親子丼を作ろうとせず、
「これから死にに行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」と突っぱねる。

実は剛志は、ヤクザの兄貴分に組の若頭を襲撃するよう命令されていたのだった。

憤然として九十九堂を後にする剛志を心配そうに見つめるあざみに、
さくらは彼の悲しい過去を話す。
剛志は崖から車で海に飛び込んだ一家心中の生き残りで、早く家族のもとに行こうと死に急いでいたのだ。剛志の身を案じたあざみは、翌朝剛志のアパートを訪ねる。するとそこで、衝撃の事実が発覚する…。

引用東海テレビ

 

キャスト

 

九十九さくら: 真矢ミキ

二宮あざみ: 吉本実憂

九十九恭子: 本仮屋ユイカ

中西俊太: 塚田僚一(A.B.C-Z)

 

玉置玄: 矢野浩二

米松キミ子: 飯沼千恵子

米松カヨ子: 齋藤めぐみ

松島剛志: 柾木玲弥

松島真紀子: 有森也実

 

先週の感想ネタバレ

 

なんといっても、謝罪のシーンが強く印象に残ります。

刑務所は罪を償う場所ではなく、また同じ過ちを繰り返さないための場所。

確かに刑務所を出たからといって、罪は償えたわけではないんですよね。

 

ものすごく重要な言葉に思えました。

 

やったこと、起こった事は消えないしなかったことになんて出来ない。

意識不明のままの被害者の母親に必死に謝るリエ。許してはもらえませんでした。

これは、でも本当に自分がこの親の立場だったら、いくら謝られたってとても許すなんて気持ちにはなれる気がしません。

そして許してもらえなくても謝り続けるしかないという結論を出すリエ。

あざみも真実を知ってさくらに頼りたくなかったのに、結局は助けを求める。これも苦しい選択だっただろうと思います。

恭子も頭の中が整理できないような事が起こったわけで、
どうなっていくのだろうと心配しました。

 

ドラマについてのネタ話題など

 

11月3日に、さくらの親子丼のスピンオフドラマ、大将川柳の2話目が公開されました。

題名に川柳が入ってるだけあって、2話は第二句と数えるようですね。

さくらの行きつけの大穴屋という居酒屋での様子です。もうひとつの人情ドラマとの事。

連日個性豊かな客がここには訪れるということですが、そのお客さんの相手をする大将がなんだか可愛らしく思えます。
ドラマとあわせてこちらも楽しめますね。

 

さくらの親子丼の6話動画まとめ

 

あざみも働くことにするようで、それも俊太もいる場所なら安心かもしれませんね。

どんどん前へ進もうとしているのでしょう。

応援したくなります。

そして6話で、さくらが親子丼を食べさせなかった剛志。死に急ぐ人をさくらは突っぱねるとのこと。

親子心中での生き残りって、もうそれを聞いただけで辛くなってしまいます。きっとずっと生きていて苦しんできたのでしょう。

心配したあざみが知ることになる、彼の衝撃の事実というのも気になります。