校閲ガール スペシャル 動画視聴フルhulu/ユーネクスト/auビデオパス

校閲ガール スペシャル 動画視聴フルhulu/ユーネクスト/auビデオパス

だんだん衰退気味の出版業の中でも特に「校閲」という地味な仕事を世間に知らしめたというだけでも、

すごい作品だなと思います。

 

しかも、主演の石原さとみさんは、今まで、派手な仕事やかわいいことを全面に押し出すような役のほうが多かったのに、

 

この『地味にスゴイ校閲ガール』では、”かわいい”はそのまま活かしながら、

 

地味な仕事を一生けん命にやる、というギャップも素晴らしかったです。

 

 

校閲ガールですが、Hulu(フ―ルー・フル)、ユーネクスト、auビデオパスで

見逃し配信再放送動画を配信しています。

 

校閲ガールのスペシャル動画が見れるVOD

 

Hulu(フ―ルー・フル)

 

Hulu(フ―ルー・フル)ですが、月額933円で追加料金なしの
見放題のため、安心してみることができるSVODと呼ばれるサービスです。

 

二週間の無料お試しキャンペーンしていますが、その間でも

既存会員と同じく、放映中最新ドラマなどの最新話が見放題です。

 

Hulu(フ―ルー・フル)公式サイトは下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

auビデオパス

 

 

auビデオパスですが、auユーザーだけでなく、

 

ドコモやソフトバンクまで楽しむことができます。

 

月額料金がワンコインと業界最安値です。

 

さらに映画館割引やポップコーン割引、

 

そして、auユーザーならでの特徴も受けれます。

 

一カ月間の無料お試しキャンペーンしており、最新も見れますし、

 

さらには、最新話も見放題の作品が多いです。

 

放送後すぐに楽しめるのも強みで見忘れなどで、録画を

 

忘れたとき急に見えるも魅力です。

 

一カ月間の無料お試しキャンペーン中は、料金が発生しないのと

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットなどでダウンロード(dl)再生

 

ができるため、通信費が、かからないシステムも魅力です。

 

 

 

「auビデオパス」公式サイトは」、下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」

 

 

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは、下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の一か月無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

校閲ガールスペシャル動画のあらすじ、ネタバレ

オシャレ大好きな悦子(石原さとみ)。

 

あこがれの女性誌「LASSY」編集部には行けず、嫌々ながら配属された校閲部でしたが、

 

中途半端が嫌いなのでしょうか、のめり込む悦子。

 

一生懸命さが、可愛いですよね。そんななか、希望の女性誌に配属され、

 

後輩の森尾(本田翼)とともに、バリバリ才能発揮してくれるのではと思ったのですが、

 

新しい編集長二階堂(木村佳乃)はなかなかの強敵。

 

雑誌「LASSY」を廃刊になんて言っちゃって。

 

さすがの悦子も負けちゃうんじゃと心配になりました。

 

でも、校閲部で、培われた能力と、校閲部メンバー茸原部長(岸谷五郎)、

藤岩(江口のりこ)、米岡(和田正人)とのチームワークで、乗り越えるのは、

とても素敵ですね。そんな協力もあって、廃刊阻止出来たのに、落ち着けるのは、

校閲部とは。天職なんでしょうね。一方、悦子の恋の行方。

幸人(菅田将暉)とは、相思相愛で、良かったですよね。

ほんわか、ゆったりの幸人の前の、悦子は、とっても可愛いですよね。

幸人の担当編集者・橘(佐野ひなこ)に焼きもち焼いたりしている悦子も、

見ていて、可愛いです。

 

幸人も、悦子一途って感じで、男らしくて、素敵ですね。

 

校閲ガールのメンバー、ほのぼの系で、和みます。

校閲ガールの石原さとみさん影響力

 

私が校閲ガール河野悦子の石原さとみさんで魅力を感じていたのはファッション、メイクです。

 

地味な印象が強い校閲のお仕事でも、自分の好きなファッション、メイクを楽しんでいる印象を強く受けました。

 

ファッションにおいては、カラフルな色を使いつつ、でもまとまりがあるコーディネートとなっていて、

 

石原さとみさんが着た衣装はすごく売れていく気がします。

 

スカーフと一緒に三つ編みをするヘアアレンジはこのドラマをきっかけにすごく流行ったように思います。

 

メイクはビビットな発色のリップを使ったメイクが印象的でした。

 

石原さとみさんは、リップを三色重ねて色の深みを出したりと、自分でもメイクの研究を深めている方です。

 

その努力、センスの良さがよく出ていて、自分に似合ったメイクができていてすごいなと思いました。

 

自分を存分に表現しつつ、校閲の仕事は真面目に取り組む姿にギャップがありすごく面白かったです。

 

校閲の仕事はこのドラマを見るまでは全く知りませんでした。

 

そのような影で活躍している職業にフォーカスを当てたドラマは斬新でとてもいいと思います。

 

仕事に対する考え方やどうこなしていくかをもう一度考えさせられるドラマだと思います。